魅力の詰まった「小杉湯」

杉並区高円寺における「小杉湯」は、四六時中、老若男女さまざまなお客様でにぎわって要る銭湯だ。また、NHK番組「ドキュメント72時刻」も奪いられるほどの醍醐味が詰まっています。

小杉湯は、高円寺駅舎北口から「高円寺純情ストアー街角」という活気のあるストアー街角の大きなアーチを通り抜けて、「庚申ままストアー街角」というおいしい食堂が立ち並ぶストアー街角を通って行きます。

小杉湯の起業は、昭和8時世といった80時世以来歴史のある老舗の銭湯だ。迎えて受け取るのは、縄文杉で作られたと言われる、木彫りの最適鯉や両面彫りの富士山の欄間で、日本の懐かしいカルチャーを感じます。夜にはそれらがイルミネーションされ、絵空事系統でおしゃれにアピールされます。

小杉湯の魅力は、お風呂にもあります。ジェットエステバスや日替わり薬湯、水風呂など多様なお銭湯があり、一際「胸銭湯」は小杉湯の看板となっています。胸銭湯は、白くてまろやかで、気温は40ごと前後という大して激しくないのですが、じっとお湯に浸かっていると、体の芯から温まってくるのを感じます。また、浴槽の障壁には、鉱石が含まれた円盤があり、岩盤浴インパクトも得られるそうです。

湯上がりは、大きいウェイティングルームでゆっくりと暮らせるようになっています。棚には、自由によむことができるコミックがたくさん用意してあります。一層、素敵な品物が並ぶギャラリーにもなっています。

最近では、銭湯がずっと姿を消してしまったり、それをくい止めようという「デザイナーズ銭湯」としておしゃれに生まれ変わったりする銭湯があります。こういう小杉湯は、デザイナーズ銭湯ほどおしゃれな感じではありませんが、昔ながらの良さを記し、ボディが不便なほうが使いやすい調整をし、若々しいヒトにも受け入れてもらうために、初々しいアイデアも加えるスタートをし、さまざまなクラスの顧客から魅了され続けているのです。アットベリーの美白・美容成分でピッカピカの美ワキ